EXHIBITIONS

中風明世  Akiyo Nakakaze
2021/6/26 Sat -2021/7/15 Thu

中風 明世  ーAkiyo Nakakazeー

2021.6.26 sat  -  7.15 thu

11:00 – 18:00       月・火 休み

 

 

 

【Profile】

 

1960 岐阜市生まれ

1982 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業

 

主な展覧会

 

1996−現在 モダンアート展[東京都美術館]

1997 モダンアート展・新人賞受賞 モダンアート明日への展望・俊英作家賞受賞

[横浜市民ギャラリー]

2001 モダンアート展・奨励賞受賞[東京都美術館]

2002 モダンアート展・会友佳作賞受賞[東京都美術館]

2002 文化庁主催・第36回現代美術選抜展[北海道釧路芸術館]

2003 モダンアート展・会友佳作賞受賞、会員推挙[東京都美術館]以後同展での発表を続ける

2011 第16回中風明世展[極小美術館・岐阜] (2018)

2016 第23回中風明世展[岐阜市歴史博物館分館 加藤栄三・東一記念美術館]

2018 第25回中風明世展[ギャルリhu:]

釜山国際アートフェア・Akiyo Nakakaze 第26回個展 招待出品

 

 

 

作品につけられた番号。

それは制作番号を表すものではなく、中風明世が作品を

制作した年齢である。

 

〝表現を突き詰めると死生観にたどり着きます〟

日々目前に立ち上がるタスクを乗り越えていくことに夢中に

なっている僕。その不確かな世界のなか「そこにある」と実感できる

僕の中に存在する感覚。

その感覚は不安、恐怖、愛、慈しみ、悲しみのような

僕が確かに知覚した言葉では表せない存在を作品という

永遠というものに刻んでいる。

メタリックの亀裂はあちらからこちらを覗いているのか、こちらから

ちらりと覗けるのか。世界、感情、自他、の境界線を表しているように見える。

 

作品を制作し続けること、自分に向き合い自分に

確かにある何かに真摯に向き合い掬い上げることが

中風明世の作品である。

ギャルリhu:

back