ARTIST

Masafumi Maita 眞板 雅文
1944年、中国東北部(旧満州・奉天)生まれ。1966年の個展開催以降、公募展への出品、国内外の美術館、ギャラリーなどで作品展を続けた。この間の1971-73 年、シェルター・ロック財団奨学金でフランスに滞在。1985年以降、同国文化省の招きによりガストン・バシュラール生誕百年祭のパッサージュ現代アートセンターで個展、ランス美術学校でパフォーマンスによるビデオ作品、ロアール地方国際アトリエ展のための作品 、伊サ ンタ・バーバラ美術館招請による鉄の彫刻などを制作、ヘルシンキ・テーレ湾プロジェクトの竹の作品も手がけた。2005年には第22回全国都市緑化ふくおかフェア・アイランド花どんたく芸術の道に竹の作品を制作。

国内外の公共施設でのインスタレーション、モニュメントの設置も多い。

神奈川県二宮町、長野県富士見町のアトリエを制作の拠点とした。

2009年3月9日、心筋梗塞のため死去。64歳。

 

■ 受賞歴

 

第6回国際青 年美術家展・大賞(1971年)

第9回神戸須 磨離宮公園現代彫刻展でユニヴァーシアード

神戸大会記念賞(1984)

第4回へン リー・ムーア大賞展・優秀賞(1985)

ヨコハマ・ビ エンナーレ ’86・有隣堂賞(1986)

青森 EXPO’88記念現代野外彫刻展優秀賞(1988)

第11回神戸須 磨離宮公園現代彫刻展・神戸市教育委員会賞(1988)

’89夢のかけ橋彫 刻展・優秀賞(1989)

第14回現代日本彫刻展・宇部市市制施行70周年野外彫刻30周年記念賞(1991)

第15回現代日本彫刻展・宇部市野外彫刻美術館賞(1993)

第3回倉敷ま ちかどの彫刻展・大賞(1994)

第2回フジサンケイ・ビエンナーレ現代国際彫刻展・佳作賞(1995)

第7回本郷新賞(1995)

第16回現代日本彫刻展で神戸市須 磨離宮公園賞(1995)

第25回長野賞(1997)

第20回現代日本彫刻展で第20回記念・土方定一記念特別賞(2003)

 

 

 

■ 作品展歴

 

1966 第7回現代日本美術 東京都美術館

眞板雅文展(71、75、79、81、83年にも開催、東京・村松画廊)

第1回現代国際彫刻展(彫刻の森美術館=神奈川・箱根)

1970 現代美術野外フェスティバル(神奈川・横浜こどもの国)

1971 第6回国際青年美術家展(東京・高輪美術館)

第10回現代日本美術展(東京都美術館)

第6回ジャパンアートフェスティバル(東京国立近代美術館)

9人の青年美術展(ギャラリー・ランベール=パリ)

1972 眞板雅文展(ギャラリー・ランベール)

1973 今日の作家展 ’73年展(横浜市民ギャラリー)

1974 第2回次元と状況(75、76、77、78、79、80、82年にも出品、

東京・紀伊国屋画廊)

東京ビエンナーレ’74(東京都美術館、京都市美術館)

第4回神戸須磨離宮公園現代彫刻展(84、88年にも出品、兵庫)

北欧巡回日本現代美術展(デンマーク、スエーデン、ノルウェー)

眞板雅文展(東京・ギン画廊)

1975 眞板雅文展(京都・ギャラリー射手座)

第6回現代日本彫刻展(91、93、95、2003年にも出品、

山口・宇部市野外彫刻美術館)

’75今日の静物展(神奈川・横浜市民ギャラリー)

1976 京都ビエンナーレ<七名の評論家による現代作家展>(京都市美術館)

第37回ヴェネチア・ビエンナーレ(伊ベニス)

第6回CAYC国際ビデオ展(ヴェネズエラ・カラカス)

1977 眞板雅文展(京都・ギャラリー16)

現代美術の鳥瞰<明日を探る作家たち>(京都国立近代美術館)

第10回パリ・ビエンナーレ(パリ市立近代美術館)

1978 第6回 CAYC国際ビデオ展(東京・草月会館)

眞板雅文展(ギャルリー・キタノサーカス=神戸)

1979 眞板雅文展(82年にも開催 かねこ・あーとギャラリー=東京)

眞板雅文展(ギャラリーU・名古屋)

第1回リスボン国際美術展(ポルトガル)

1980 第1回ハラアニュアル’80年代の展望 原美術館=東京)

1981 日本現代美術展’70年代日本美術の動向

(ソウル・韓国文化芸術振興院美術館)

証人1981展(パリ・ポンピドー文化センター)

眞板雅文展(名古屋/ASG)

1982 眞板雅文展 (京都・梁画廊)

1983 眞板雅文展(84年にも開催、大阪・天野画廊)

眞板雅文展(89年にも開催、米ロサンゼルス・スペース)

風景との出会い(宮城県美術館)

現代美術における写真(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館)

現代美術の展望—立体造形(富山県立近代美術館)

今アート最前線(東京・伊勢丹美術館)

1984 眞板雅文展(西湘画廊=神奈川・小田原)

眞板雅文展(名古屋・桜画廊)

眞板雅文展(ギャラリーコンコ=神奈川・鎌倉)

風景・環 眞板雅文展(東京・伊奈ギャラリー2)

眞板雅文展(85にも開催、東京・ギャラリーホワイトアート)

1985 眞板雅文展(仏トロア・パッサージュ現代アートセンター)

風景・環 眞板雅文展(91、98、2000年にも開催、

ギャラリー・マロニエ=京都)

国際シューボックス彫刻展(91、94、97、2003年にも出品、

米ハワイ大学マノアアート・ギャラリー)

現代彫刻の歩みー木の造形(神奈川県立県民ホールギャラリー)

第4回ヘンリー・ムーア大賞展(長野・美ヶ原高原美術館)

日本現代美術オーストラリア巡回展 CONTINUUM ’85

(メルボルン、グリフォン・ギャラリー)

第5回国際タピストリィ・トリエンナーレ(ポーランド)

1986 ヨコハマ・ビエンナーレ’86(横浜みなとみらい21地区)

日本現代美術展(台北市立美術館)

第42回ヴェネチア・ビエンナーレ(伊ベニス)

ロアール地方国際アトリエ展(仏フォントブロウ修道院)

「芸術—平和への対話」展(横浜市大倉山記念館)

眞板雅文展(90年にも開催、ギャラリー・キャプション=岐阜)

1988 眞板雅文展(91、94、97、99、2000、05年にも開催、

ギャラリー・エフ=岐阜・美濃加茂)

眞板雅文・菩提アトリエ展(神奈川・丹沢山麓の当時のアトリエ)

美濃加茂彫刻シンポジウム(岐阜)

NEW WORK JAPAN(米ニューハンプシャー大学ギャラリー)

青森EXPO’88記念現代野外彫刻展(青森・合浦公園)

1989 眞板雅文展(92にも開催、東京・ギャラリー山口)

眞板雅文展(東京・ギャラリー現)

眞板雅文展(東京・ギャラリィK)

’89夢のかけ橋彫刻展(神奈川・秦野)

眞板雅文展(ギャラリー・デネガ=青森・弘前)

せとだビエンナーレ(瀬戸田、広島)

鉄の彫刻展千葉’89 千葉・幕張メッセ)

第1回パース国際クラフト・トリエンナーレ

(豪ウエスタン・オーストラリア・アートギャラリー)

眞板雅文展(大阪・カサハラ画廊アネックス)

1990 世界の飢えを考えようー国際美術展(東京・世田谷美術館)

現代美術の流れ<日本>(富山県立近代美術館)

TERRITORIES 2 Musee des Beaur Arts de Reims (仏ランス)

1991 眞板雅文展ー水面の宴ー(東京・鎌倉画廊)

1992 みなみかた国際アート・フェスティバル(宮城・南方町)

眞板雅文展(東京・ギャラリー山口SOKO)

1993 洞爺村国際彫刻ビエンナーレ’93(北海道)

日本現代彫刻の系譜—収蔵作品による(富山県立近代美術館)

眞板雅文展(96、98、99、2000年にも開催、

岩手・盛岡クリスタル画廊)

1994 第3回倉敷まちかどの彫刻展(岡山・倉敷市立美術館)

写真と彫刻の対話—安斎重男 眞板雅文展

(神奈川県立近代美術館=神奈川・鎌倉)

ライト・アンド・シャドウ展(米ノース・ダコタ美術館)

心で見る美術展「私を感じて」(愛知・名古屋市美術館)

第3回北九州ビエンナーレ・クイントエッセンス

(福岡・北九州市立美術館)

1995 第2回フジサンケイ・ビエンナーレ現代彫刻展

(長野・美ヶ原高原美術館)

本郷新賞受賞記念・眞板雅文彫刻展(北海道・札幌彫刻美術館)

1996 版画の 1970年代展(東京・渋谷区立松濤美術館)

1997 眞板雅文展 ー音・竹水の閑ー

(下山芸術の森発電所美術館=富山・入善)

1998 眞板雅文展 蘇生構築ー天地に寄せて

(99年にも開催 東京・スペース・カレイド)

岩手アートフェスティバルUK’98ランドアート・イン小岩井

(岩手・小岩井農場)

第4回大分アジア彫刻展(朝倉文夫記念公園=大分・大野)

1999 眞板雅文展(ギャラリー・ムーブ=横浜)

微妙なる美の波動 眞板雅文造形展(石神の丘美術館=岩手・岩手町)

金津アート・ドキュメント’99−アジアの森から−

(金津創作の森=福井・あわら)

彫刻の森美術館−森に生きるかたち−展(神奈川・箱根)

2000 眞板雅文展ー大地のかたち・ブロンズー(東京・INAXギャラリー)

ヘルシンキ2000 テーレ湾アートガーデン(フィンランド)

越後妻有アート・トリエンナーレ(新潟)

ガーデン−現代美術をとおしてみる後楽園(岡山・後楽園)

眞板雅文展(02、05年にも開催、エスプリ・ヌーボ=岡山)

眞板雅文展 (諄子美術館=岩手・北上)

2002 東日本—彫刻 39の造形美(東京ステーションギャラリー)

20世紀。美術は虚像を認知したーモナリサとマンモンのあいだでー

(神奈川・平塚市美術館)

2003 眞板雅文展 音・竹水の閑(大原美術館=岡山・倉敷)

眞板雅文展 竹水の閑(インフォーム・ギャラリー=金沢)=金沢

眞板雅文 彩りの譜 展(06年にも開催、京都・アートスペース感)

竹水の閑 眞板雅文展(水の国ミュージアム104°=島根・江津)

眞板雅文展(仙台・ギャラリー青城)

水ありて竹 眞板雅文展(大阪・アートコートギャラリー)

葉山館開館記念展 コレクションによるもうひとつの現代

(2004年1月25日まで、神奈川県立近代美術館=神奈川・葉山)

幻想と幻視(神奈川・平塚市美術館)

2004 あるサラリーマン・コレクションの軌跡~戦後日本美術の場所~

(福井県立美術館)

刻ー環流 眞板雅文展(2005年1月23日まで、

岐阜・みのかも文化の森美濃加茂市民ミュージアム)

2005 SPACE WALKING開館10周年記念展

(下山芸術の森発電所美術館=富山・入善)

街かど美術館「アート@つちざわ<土澤>」(岩手・花巻)

2006 野外彫刻ながのミュージアム 33年の軌跡展(長野市生涯学習センター)

光が彩なす交響楽ー眞板雅文のインスタレーションー

(2007年3月20日まで、岩手県立美術館)

2007 眞板雅文展(香川・あーとらんどギャラリー)

作品出展

「水の情景ーモネ、大観から 現代まで」展(横浜・横浜美術館)

JUNGE KUNST AUS JAPAN(独ロストック美術館)

グループ展「6人の彫刻家たち」(北海道・旭川 ギャラリーシーズ)

アトリエ展(長野県富士見町の眞板雅文のアトリエでの作品展と

付近の数カ所でのインスタレーション展示)

グループ展「彫刻家の平面展」(東京・ギャラリーせいほう)

グループ展「ヒルサイドギャラリー~新たな出発にむけて 」

(東京・ヒルサイドフォーラム)

個展 ギャルリhu(名古屋)

2008 個展 ギャラリーせいほう(東京)

イタリア・マルケにおける日本人美術家展

(イタリア・マルケ州マテリカのカンティーネ・ベリサリオで

彫刻を制作設置)

6人の彫刻家展 (広島市・マキデザインビル2F)

アリエ国際美術展 2008(イタリア)

ちいさな石彫展 丸亀(香川・丸亀 あーとらんどギャラリー)

彫刻家の平面展(京都市・ギャラリーマロニエ)

「漠たる予兆」(岡山市・エスプリヌーボーギャラリー)

グループ展 「6人の彫刻家展 」 (京都市・品ギャラリー)

2009年1月まで。

グループ展 「空と水と風と」アートコートギャラリー(大阪市)

2009年3月まで

2009 眞板雅文展 鎌倉ドゥローイングギャラリー(神奈川・鎌倉)

グループ展 第10回国際シューボックス彫刻展

(米ハワイ大学マノアアート・ギャラリー)

グループ展 飛鳥から奈良へ~国際彫刻展序章~(奈良・明日香村)

 

 

 

■ パブリック・コレクション(一部)

 

美ヶ原高原美術館(長野)

宇部市野外彫刻美術館(山口)

大原美術館(岡山)

カスヤの森現代美術館(神奈川)

神奈川県立近代美術館(神奈川)

斉藤記念川口現代美術館(埼玉)

札幌彫刻美術館(北海道)

富山県立近代美術館(富山)

下山芸術の森発電所美術館(富山)

パリ市立近代美術館(仏)

ストラスブール美術館(仏)

ランス美術学校(仏)

トロア美術館(仏)

フランス文化省(仏)

カンティーニ美術館(仏)

サンタ・バルバラ美術館(伊)

ハワイ州文化芸術財団(米)

back