ARTIST

Hokuto Kiyokawa 清河 北斗
1974年 富山県生まれ ʼ94年 東京芸術専門学校(TSA)卒 現代美術制作活動を経て、東京池袋(株)アレグロに10年間勤務 ʼ08年、富山県黒部市に転居後、「STUDIO/HOT」設立

2010. とやま現代作家シリーズ「メッセージ展」     富山県立近代美術館

2011. ジャパンEXPO2011  ノールヴィルパント展示会場エントランス パリ

2014. 「成田亨展」ブランカー像制作          富山県立近代美術館

二人展「獣者(けものもの)」 平井千香子氏    黒部市美術館 富山

2015. 個展「仮様」       下山芸術の森発電所美術館20周年記念 富山

「第9回トリエンナーレ2015神通峡美術展」     神通峡美術賞受賞

2016. ギャラリー矢田ライブ VOL.20+展覧会 あいちからの発信/発進

市民ギャラリー矢田 名古屋

個展 ギャルリhu: 名古屋

「ネガティビティバイアス」   ギャラリー無量

2017. 舞台の上の美術館Ⅱ「巨無と虚無」     オーバード・ホール 富山

2018 ART NEXT 3 不透明なメディウムが透明になる時 電気文化会館 名古屋

2019  個展 「ARUMOURS」ギャルリhu: 名古屋

 

back